お酒を飲む前に意識する4つのこと!これでばっちりモーニング!

スポンサーリンク

私は23歳の女性で、営業職をしています。
営業職なだけあって、会社の従業員の平均年齢も若く多くが20代~30代で構成されてます。その為、若者のノリで飲みに出かけるなんてこともよくあります。

つい一週間ほど前にも飲みの席がありました。部署のメンバー大体5~6人で飲みに行きました。名目は今後の仕事のやり方についてのミーティングとなってましたが、本当にただの仲の良い友人と飲みに行ってるのと変わらないほど仕事の話は出てませんでした(笑)。

私は、今では一人の時にはお酒は飲んだりは、ほぼしないのですが人並みにお酒も飲めます。周囲からはお酒強いと認識されてしまっているようで、結構飲みの席でもお酒を次々と勧められます。やはり、そうして飲んでしまうとついつい飲みすぎてしまうなんて事もザラにあるわけです。

私には必ず、飲みの席で翌日が心配だなと感じる時にする事や意識することがあります。それは必ず飲みの前にウコン等を服用する事と、すきっ腹にアルコールを一気に入れない事、そして寝る前に大量の水を飲む事です。

スポンサーリンク

第1、第2対策!飲む前と飲む時の注意点

ウコンは気休め程度です。飲んでおけば大丈夫と思う事で効果があるのかないのかは別にしてあまり怖がらずにお酒を楽しめます。そしてすきっ腹にアルコールを一気に入れないというのが一番の対策になってると思います。

私は、すきっ腹にいきなりアコールを入れてしまうとそれだけでも気持ち悪くなったり後が引いて二日酔いになります。なので必ず何か食べ物を食べながらお酒を飲むという事を心がけています。これをしっかりしているだけでも後を引いて、二日酔いになる事はほぼありません。

強いてそれ以外で飲みの最中に気を付けているとしたら、あまり飲むお酒の種類を変えてちゃんぽんしない事です。ちゃんぽんすると色々な種類のアルコールが体内で混ざってしまうので、アルコールを分解する肝臓に大きな負担になるというのを聞いたことがあります。

第3・第4の対策は・・・飲んでいる時と、飲みすぎた時の注意点

確かにちゃんぽんした時は家に帰って具合悪くて倒れるように寝ていた何てこともありました。あまり気にしてお酒を飲んだりはしませんが、ちゃんぽんしてしまった時等は帰った後寝る前に必ず大量の水を飲んでから寝ます。

水を大量に飲む事でアルコール分が薄められて、具合悪くなる事が少なくなりました。以上の、飲みの前に必ずウコン等を飲む・すきっ腹にアルコールを入れない・ちゃんぽんしない・寝る前に大量の水を飲む この4点を必ず行ってます。

その時の体調や、飲む量によっても変わってくるかとは思いますが、上記の事を行う事で自分に大丈夫と自信をもってお酒を飲めるようになったのと、飲みに行くという事に抵抗がなくなった気がします。

以前は、具合悪くなったら…とか次の日の仕事に影響が出たら…と心配事ばかりでした。でもこの4点を意識的にするようになってからは寝てる間も気持ちが悪いという事もなくぐっすり朝まで寝られるようになりましたし、朝もぱっちりと目を覚ませるようになりました。

私の二日酔い対策
スポンサーリンク
\ シェア /
お酒の失敗や二日酔い対策をサポート

コメント