よく言われている飲み過ぎた時の翌日の二日酔い対策の定番

スポンサーリンク

50代自営業の男性です。
最近でもですが、友人から飲みに誘われると行かないわけにはいけません。二人で飲んだり多人数で飲んだり、仕事関係や友人、同級生などいろいろなパターンがあります。

私はそんなにお酒は強くありません。飲みかたには注意はしていますし対策も摂る様に努力はしています。しかしいつまでたっても、飲みすぎの次の日はつらいものです。頭は痛いし、体はきつい。

飲んでいる時はそんなに飲んでいる感じはなかったのに、調子に乗って飲んでしまい気が付いた時にはもう手が付けられない状態も多いです。二日酔い対策についてはいろいろなやり方があります。

基本的には時前処置を多くの人達がおこなっています。飲む前に牛乳や乳製品の摂取による対策、ウコン等を服用して薬効に期待したものなどあります。この方法については諸説取り上げられる事がありますが、実際やってみて効果がある方法が誰でもあると思いますので絶対とは言えませんが、確かに効果が事前にやるとやらないとでは違います。

スポンサーリンク

よく言われている二日酔い対策は・・・

コンビニに行くと数種類の製品が置いてあるところをみるとなにかしら効果があるのか二日酔い対策商品が置いてあります。事前対策をしても状況にもよりますが、飲まなければいけない事や楽しすぎて飲み過ぎてしまう事もあります。

そのような場合にはアルコール摂取中の水分の補給や食事のとり方に注意すると翌日の酔いに効果があるといわれています。アルコールのみを飲むのではなく、途中チーズやナッツ類、軽い食べ物を食べながらアルコールを飲むと二日酔い対策になります。

野菜スティクやお豆腐などを食べながら飲んだ次の朝は調子がいい事を体験した事もありました。アルコール摂取前や中盤においての対策を説明しましたが、そういっても調子が良くて飲み過ぎてしまう事は誰でもあるものです。

水分を多量に摂取してアルコールを薄め、体内の血液中アルコール濃度排出する

仕事が忙しすぎてストレスが溜まったり、睡眠不足や運動不足の時などはいつもの飲酒量でも悪酔いしてしまう事もあります。そうなると、飲酒後の対策を考えなければいけません。私が行って効果がある事としては、できるだけ水分を多量に摂取するということに心がけています。

ありきたりな単純な事ですが、まず水分を多量に体の中に入れる操作を実行する事です。体内のアルコール摂取濃度をいかに薄めて排出させるかという事がポイントです。体内の血液中アルコール濃度を軽減し排出できれば軽い二日酔いで済ます事は可能です。

急性アルコール中毒患者で運ばれた人に点滴をすることも同じ考えです。帰宅後少しお腹が空いていたら水分の多いお茶漬けを食べたり、インスタントのお味噌汁も効果がありました。

兎にも角にもアルコールを体外に出しましょう!

この時も、通常よりも少し多めの水分量にして飲むと次の日の二日酔いには効果があります。次の日の口の中のイガイガ感とか不快感も少なくて済みます。そのような事が難しい時には牛乳や緑茶などをがぶ飲みして就寝することもあります。

次の日には良く尿が出ます。トイレに行くとかなり体調は良くなってきますのでやはり水分補給は効果があるのでしょう。注意事項としてはラーメンなどでもあまり脂分や匂いや味のきついものは嘔気嘔吐の原因になるのであっさりしたものがお勧めです。とにかくアルコールを外に出してしまいましょう。

私の二日酔い対策
スポンサーリンク
\ シェア /
お酒の失敗や二日酔い対策をサポート

コメント