セルライトの原因と対策

ダイエットのために運動をしているのに筋肉がついて逆に太くなってしまうなど、下半身太りで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

上半身はサイズダウンさせることが出来るのに、下半身だけはどんなにダイエットを頑張ってもサイズダウンさせることが出来ない場合は、セルライトがダイエットの邪魔をしている可能性が高いです。

普通の脂肪なら食事制限や運動などのダイエットをすることで落とすことが出来ますが、セルライトは水分や老廃物や毒素などの不純物が複雑に混ざり合った脂肪の塊であるため、単純なダイエットでは落とすことが出来ません。

下半身太りの大敵となる厄介な存在です。

オレンジやグレープフルーツやミカンなどの柑橘系の果物の皮のようなボコボコとした見た目で、お尻や太ももにつきやすいという特徴があります。

ダイエットの邪魔をするだけではなく、見た目が悪いというのも厄介なポイントです。

ほったらかしにしておくとどんどん肥大化していきますので、とにかく早めの対策が肝心です。

対策をする前に、まずは原因について知っておきましょう。

セルライトの原因

セルライトの最大の原因となるのが、むくみです。

むくみを引き起こす要因としては

・食事における塩分の過剰摂取で体がナトリウム過多な状態になっている

・水分補給が不十分で脱水状態に陥っている

・加齢や運動不足で下半身の筋肉量が減ってきて血液やリンパ液の循環が悪くなっている

・長時間立ちっぱなしだったり座りっぱなしだったりして血流が悪くなっている

・卵胞ホルモンのエストロゲンが減少してホルモンバランスが乱れている

・寝不足や疲労の蓄積やストレスで自律神経のバランスが乱れている

・姿勢の悪さや日頃の習慣や行動の癖などによって骨盤が歪んでいる

など、様々なものがあります。

これらの要因によってめぐりが悪くなると、体内に余計な水分や毒素や老廃物が排出されないまま溜まってしまい、それがむくみにつながるという仕組みです。

セルライト対策

先ほどお話しした「むくみにつながる仕組み」を理解して、要因一つ一つに丁寧にアプローチしていくことが、対策において大事なポイントとなります。

塩分の過剰摂取はむくみに直結しますので、しょっぱくて濃い味付けの食べ物が好きな方は要注意です。

醤油や塩や味噌やドレッシングなどの調味料を減塩タイプのものに変えたり、料理においてハーブや香辛料を多用して塩分が無くても満足することが出来る味付けにしたりなどの工夫が必要です。

塩分を摂り過ぎてしまったなと感じたときは、カリウムを積極的に摂りましょう。

利尿作用があるカリウムを摂ると、尿と一緒にナトリウムが排出されます。

カリウムはミネラル成分で、トマトやバナナやアボカドなどに多く含まれています。

ミネラルウォーターを常に携帯して水分補給をこまめに行ったり、こまめに体を動かしたりして新陳代謝を活発にさせることも大事です。

ホルモンバランスを整えるためにはイソフラボンの摂取が有効的ですし、自律神経のバランスを整えるためには生活習慣の見直しが必要です。

骨盤の歪みがある場合は、整骨院や整体院で矯正の施術を受けるのがおすすめです。

歪まないように姿勢を正しく保ち、脚を組んだり猫背になったり重心を左右のどちらかに置いたりする癖もなおしましょう。

リンパマッサージで外側から刺激を与えてアプローチするのも良い方法です。

むくみは放置すればするほど解消させるのが難しくなりますので、その日のむくみはなるべくその日のうちにマッサージで取り除き、翌日以降に持ち越さないことを意識すべきです。

むくまない体質に改善させて、セルライトの無いスッキリとした下半身を目指しましょう。